有名ブロガーHagexさん刺殺事件に対する所感

t.co

私はこの事件が起きるまで、hagexさんという人を全く知らず、彼がどんなキャラクターで、どんな事を書いていたのか全く知りません。しかし、そんな人間にとっても今回の事件は衝撃的でした。見て見ぬ振りをしていた、インターネットで自分の意見を広く発信する事のリスクを強烈な形で突き付けたからです。

最初は、被害者がsnsで加害者を執拗に煽った事で恨みを買って襲撃にあったのだと思いました。しかし、色々調べてみるとどうもインターネット通り魔的な犯行であることがわかりました。一連のツイートが真相に近いように思います。

 

 今回の事件で特異なポイントは以下の3点

  1. インターネットでのいさかいが、殺人事件にまで達したおそらく初めてのケース。
  2. 被害者と加害者はリアルでの接触は事件当日までほとんどなく、従って顔見知りですらない。
  3. それどころかネットの絡みですらそれほどなく、被害者に落ち度らしきものも殆ど認められない。

加害者の犯行後の声明を見ると、ガス抜きや引きこもりなどの記述があり、日常生活において強い不満と絶望感を感じていたことが推測されます。おそらく、ネットですら他人とうまくコミュニケーションが取れず、「ネット弁慶を卒業する」ために、被害者はターゲットになったわけで、誰でもよかったようにも見受けられます。

ではどうすればよかったか?

一部のSNSでは、煽り文化や露悪的な芸風が定着していますが、精神障碍者や社会的な弱者を煽ったり攻撃しないことは大事だと思います。しかし、今回の場合は、hagexさんが煽ったことより、有名であることがそもそも悪かったようにも思います。おそらくhagexさんが加害者にはっきりと言及したのはこの記事だけで、悪意をもった荒らしに対して、このレベルの言及すらしないのは難しいと思います。

低能先生に対するはてなの対応が迅速でビックリ - Hagex-day info

SNS経由で人と会わないというインターネットリテラシーの重要性を改めて説く人もいます。それは確かにそうなのですが、彼は積極的に加害者と会ったわけではなく、リアルでのいさかいが殺人に発展したわけでもないのです。たまたまネットのだれかを殺したいと思った時に、hagexさんが生活圏に現れたのが真相でしょう。

最終的な対策は

ネットのアカウントがオフラインに飛び出して、リアルでのつながりを持つと、そこが脆弱性になって現実に危害を加えられる可能性があることが改めて明らかになりました。

SNSはリアルではなかなか接点の持てないような人種と意見を交換したり感情を共有することができますが、リアルではなかなかお目にかかれないような危険な人物も呼び込んでしまうリスクが改めて明らかになりました。

もちろんSNSをやらないことが最大の防御策です。

しかし、それが難しい場合でも、住居や会社など生活圏に繋がる個人情報は出さない、SNSにいる人と会わない、イベントなどには参加しないことが大事であると再認識させられます。リアルとネットでのアカウントを紐付けないことを徹底していれば、画面の向こうにいる人を殺すことはできません。

特にイベントの危険性は高いと思います。非常に密集した空間で、参加者のチェックも甘く、参加さえすれば恨みをもったアカウントとリアルの人物の紐付けが一目で確実でにできる、、私は登壇者としてはもちろん、ギャラリーとしても、今後絶対にネットのイベントに参加することはしないと思います(今までもありませんが)。

 

今回初めてHagexさんのブログを少し拝見しましたが、皮肉屋で確かに万人受けするキャラクターではなかったのでしょうが、殺されるような反社会的な内容では当然なく、まだ若く魅力ある人間が、突然の暴力によりこういった形で不意に人生を終えざるを得なかった点について、残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。