今更だが、秋元康には年頃の女の子を預かる資格がない

f:id:popaikenzo:20190421221302j:image

ついに山口真帆さんが引退してしまいました。

痛いニュース(ノ∀`) : 山口真帆さん、NGT48を卒業 「私がアイドル活動をできる場所はなくなってしまった」 - ライブドアブログ

僕はアイドルの情勢について全く詳しくはないのだけれとも、AKB周りで事件が起こるたびに、何でこのグループの責任者として見られている秋元康が、だんまりを決め込んで表で説明しないのか、いつも全く理解できません。

秋元康は、制作・企画とかの得することには自分の名前を出して、問題が起こると全く表には出ないで、下っ端のハゲみたいなのが出てきて、よくわからない説明をする。彼らにも権限がないのか、説明の歯切れも悪い。

秋元康が、無責任な態度を取るのはこれが初めてではありません。

AKB握手会傷害事件時の対応

2014年に起きたAKB握手会傷害事件は、会いにいけるアイドルとして始まったAKBの存在基盤を揺るがすような重大な事件だったと思います。当たり前の事ですが、あらゆる仕事は安全が第一です。

秋元康は年頃の女の子を預かる責任者として、今後にアイドルの生命や安全を守るために、どうしていくのか、世間に対して説明し、女の子たちを守っていく責任があったと思います。しかし彼は当時公の場に出ても、何もコメントせず無責任な態度をとり続けました。

事件から1ヶ月経って出したコメントがこれ

秋元康ついに事件語る「メンバーに臨床心理士付きっきり」 - LINE NEWS

臨床心理士つきっきりってどこまで他人事なんだって感じだし、とても責任者のコメントとは思えません。

結局、数ヶ月であっさりと握手会を再開したものの、今後の安全確保について、秋元康からの説明はなかったと思います。

山口真帆さんの件は今回の件とは違いますが、女の子を守らない、対策を取らない、説明しないの無責任体質は全く変わっておらず、このグループが存続する限り、似たような問題はこれからも起きると断言します。

なぜマスコミは秋元康のコメントを取りに行かないのか 

NGTの件については、そもそもの発端として山口真帆さんの安全が、グループのファンにより危険に晒され、それらは内紛がきっかけであったと言われています。そして、山口真帆さんは最終的にグループのあり方に疑問を公に提示して、やめる事になりました。

これに対して今後にどのようにグループとして対応するのか、一切公にコメントを出さない秋元康も異常ですが、ろくにコメントも取りに行かず秋元康の責任を追及しないメディアも異常です。

女の子たちに罪はありませんが、結局は秋元康の傘下にあるグループにいる彼女たちを応援し、お金を落とす事で、秋元康という受け皿に金が入り、この無責任体質が継続して、女の子たちがいつまでも危険に晒される事になります。本当にそれでいいのかファンも考えていく必要があると思います。彼がいなくなってもアイドルという存在がなくなるわけではないのです。

この件はNGTだけの問題ではなく、秋元康を頂点とするAKBグループ全体の問題と考えるべきでしょう。