30代の大腿骨頸部骨折13〜逆転〜

僕は自分の事を、運のいい人間だと思っていました。今回、運悪く怪我をする前までには、挫折といえば会計士試験に何度も落ちた事ぐらいで、それも自分の勉強不足が原因でした。

こんな訳の分からない、理不尽な理由で怪我や病気をした事はなく、いくら50%で再手術と言われても、心のどこかで、自分は運がいいから、50%も確率があるなら、いい方を引けるだろうと思っていました。そして足が痛くなってなかったので、まさかズレてるなんて思いませんでした。

そして、今まで4ヶ月も全く体重をかけない生活をしていたのに、突然松葉杖なしで歩き始めると、あっという間にひざが痛くなってしまい、結局は片手杖で歩くことになりました。もう治らない、人工股関節にしなければならない可能性が高くなった状況ですが、免荷から解放された喜びは大きかったです。段々ともうこれだけ頑張ったんだし、免荷から解放されるなら人工股関節でもいいと思うようになってきました。そして、相変わらず股関節は全く痛くなかったので、やはり本当はズレていないのではないかという思いも強くなってきました。本当にズレてたら痛いはずだからです。

とはいえ、そんなにスマートに対処できたわけでもなく当時のlineを見ると、妻に八つ当たりしたり、怪我当時にザマーミロ!みたいな事を言ってきたツイッターの頭おかしいオッサンにこのタイミングで復讐しようとして、返り討ちにあったり、、

当時のlineやメールを見ると、自暴自棄になっている状況がよくわかります。でも4ヶ月の辛い免荷を経て段々と覚悟が決まってきたのも事実でした。

前回の診察から2週間後にまた診察を受けることになっていました。ここでズレが止まれば僕の勝ちと言われていました。でも、散々裏切られてきた股関節なので、もう信じる事が出来なくなっていました。淡々と日々を過ごし、レントゲンを撮って、診察室に入りました。ひざが痛くてまだ杖をついていました。

O先生は「まだ杖をついているんですね、、」と仰いました。

そして真っ直ぐに僕を見据えて

「Mさん、良かったですね。ズレは止まったみたいです。前のレントゲンを見た時は、もうダメだと思いました。でもこれならいけるかもしれない。いや、いける気がしてきたんです」

 

f:id:popaikenzo:20181201231231j:image

30代の大腿骨頸部骨折記録12〜一か八か〜

M「ズ、ズレたんですか。本当だ。。全然痛くなかったのに、こんな分厚いプレートで固定しているのに、ズレてしまった、、」

O医師「わずかながら、骨頭が右回りに回転してきたように見えます。。でも痛みはないんですよね?」

M「はい、全く痛みはありませんが、、

せ、先生、私はこうなる事も覚悟して、荷重を選択しました。4ヶ月も免荷したんです。本当に大変だった。荷重をかけた決定に後悔はありません。。」

これは本音でした。いつ荷重できるかわからず鬱屈とした思いで日々を過ごすなら、たとえダメでも早くわかった方がいいと思いました。

O医師「…考え方を変えてみましょう。要は痛みがなくて歩ければいいわけですよね?

確かにズレてしまったのは残念ですが、このままの状態でも痛みが出ずに歩けるなら、それは一つの解決にはなります。骨頭の形態を見ても、ここでズレは止まるようにも思える。多分止まるんじゃないかな。」

先生の仰る趣旨を図りかねて、黙って聞いていた。

O医師「今日から松葉杖を取って全荷重で歩いてみましょう。一か八かにはなりますが、その上で、ズレがここで止まれば貴方の勝ちです。」

あれほど待ち望んだ全荷重がこんな形で、、全く予想もしない提案でした。また免荷に戻るものと思っていたからです。

基本的には、頸部骨折のリハビリパスは、1/3荷重→1/2荷重、2/3荷重をそれぞれ2週間ずつこなして、少しずつ荷重をかけていくのがセオリーです。免荷4ヶ月も異例ですが、1/3荷重からいきなり全荷重も前代未聞です。あれだけ慎重極まりない先生にしてはアグレシッブ過ぎると思いました。

O医師「要はズレないように、今まで免荷してきたわけですが、もうズレてしまったので、免荷の意味がなくなってしまいました。もう普通に歩いてみてください。それで痛みが出ずに歩けるなら、それも一つの解決でしよう。」

O医師「それとも、引き続き1/3荷重で様子を見てもいいですよ。そっちの方がいいかもしれないな、いきなり全荷重より。どうしますか?」

無意味だった、、雨の日もクソ暑い日も満員電車の日も、あんなに苦労して免荷したのに、無意味…

また、彼が僕に治療方針について意見を求めたのは、これが最初で最後でした。彼自身もショックを受けていたのかもしれません。そうは言ったものの、全荷重とするか、引き続き1/3荷重でいくかで迷い始めました。ただ少しずつ荷重をかけながら様子を見るのは、もううんざりでした。結果はどうあれもう早く決着をつけたかったのです。

M「先生、既に時間をかけてきたし、もし全荷重でこれ以上ズレてしまうなら、もうこの骨で歩く事は出来ないという事なんだと思います。もともと人工股関節間違いなしと言われていたんです。ダメならもう一回手術するだけです。今日から全荷重にしたいと思います。」

O医師「そうですか、、わかりました」

席を立ってドアを開ける前に振り返って言いました。「全荷重に挑戦したいと思いますが、、やっぱり怖くなったらやめますね」

O医師は悲しそうに笑って言いました。

「それは構いません。お任せします」

 

f:id:popaikenzo:20181003175529j:image
f:id:popaikenzo:20181003175523j:image

(上の写真が今回撮ったもので、下の写真が8月に撮ったもの。わずかだが、骨頭が手前側に回転しており、ズレが大きくなったように見えている。)

 

30代の大腿骨頸部骨折記録11〜ついに荷重開始〜

9月5日に6回目の診察を受けました。もう免荷歩行は4ヶ月を超えており、限界でした。

レントゲンを見たのですが、8月8日のレントゲンから何も変わっていません。  

f:id:popaikenzo:20180930220850j:image

もう荷重をかけていかないとこれ以上はつかないと確信していました。O医師は少し笑って、ぼそっと言いました。

「免荷継続しますか」

僕は初めてO医師に逆らいました。

「先生、もう免荷して4ヶ月です。確かにここで荷重すればズレてくるかもしれない。でも、ここでダメなら、あと半年後に荷重したってダメだと思います。元々つかない骨だったんでしょう。僕はもう覚悟はできてます。この怪我はどこかでリスクを取らないと治らないと思います。これで荷重してダメなら諦めます。荷重させてください」 

O医師は黙り込んでしまいました。レントゲンを見ながら、本当に2分程度考え込んでいたのです。

「確かに十分に時間は取ったんです。。一か八かやってみましょうか。わかりました。1/3荷重を開始しましょう。リハビリセンターに行って1/3荷重を練習してください。」

1/3荷重とは、体重の1/3まで左足に体重をかける歩行の事で、主につま先だけ地面につけながら歩行します。体重計を見ながら練習するのですが、1/3は思ったより体重をかけることができました。

これにより生活が格段に楽になり、嬉しくて仕方がありませんでした。体重をかけ始めた事により骨もつくだろうと思いました。

2週間後の9月19日、経過観察のため、また病院に行きました。ズレていないかどうか心配でしたが、足は全く痛くなっておらず、もしズレてたら痛みが出るはずだから、大丈夫だろうと信じてました。

診察室のドアを開けて、O医師を見ると、明らかに厳しい顔をしていました。4月19日のトラウマが蘇ってきました。心臓を鷲掴みにされたようで、ふわっと血の気が引き、倒れこみそうになりましたが、何とか椅子に座ることができました。

O医師が口を開きました。

「Mさん、これを見てください。残念ですが、ズレています。ズレてしまいました。」

 

30代の大腿骨頸部骨折記録⑩〜停滞〜

診察は3週間ごとに行われていて、6月27日の診察が、退院して3度目の診察でした。

f:id:popaikenzo:20180930184611j:image

f:id:popaikenzo:20180930184751j:image

上が6月27日のレントゲンで、下が手術直後のものです。明らかに隙間部分がボワっとしてきて、仮骨が形成されつつあるのがわかります。流石に手術から2ヶ月以上経過し、仮骨の形成も見られ、これで荷重開始できると思ったのですが、このレントゲンだけでは仮骨形成しているとは言えないし、まだ免荷を継続するというのが、O医師の判断でした。

このレントゲンは7月18日のものです。

f:id:popaikenzo:20180930185136j:image

明らかに隙間は埋まってきています。でも免荷は継続という判断でした。もうこれで3ヶ月目です。梅雨の間も大変でしたが、猛暑を松葉杖で免荷移動するのは、そろそろ限界でした。

でも、慎重に慎重を期したいというO医師の言葉により荷重開始はできませんでした。O医師は恩人ですが、余りにも免荷がキツイので段々とストレスが溜まるようになってきました。

f:id:popaikenzo:20180930185547j:image

これは8月8日のレントゲンです。明らかに隙間は埋まってきており、慎重なO医師も仮骨形成は始まっているのだろうという見解を示しました。当たり前です。いくら血流が弱くくっつきにくい頸部骨折とはいえ、もう3ヶ月経つのだから、埋まって当然です。ただ、埋まり切らないのは、荷重を開始しないことにより刺激が与えられず、これにより骨癒合が進まないのだと思っていました(実際にその通りでした)

生活上の不便もさることながら、治療を進展させるためにも、荷重を開始したくて仕方ありませんでした。その次の次の日から夏休みで、このままだと夏休みの旅行も免荷歩行で行かなければなりません。


f:id:popaikenzo:20180930185550j:image

この時、正面からのレントゲン写真を見て、ある事に気がつきました。整復し、プレートで固定したはずの骨頭がわずかながら手前側にズレてきているように見えます。

これについてO医師に質問すると、実は手術の2日後には、整復し、プレートで固定したはずの骨頭が、最初に怪我していた時の位置に、自らを削りながら回転し、殆ど整復前の状態に戻ってしまったというのです。

言ってなかったでしたっけ?という感じで、さらっと説明していましたが、これは大変な事態です。僕が落ち込むと思って説明しなかったのか、それとも忘れていたのかは未だによくわかりません。

これでは、手術で時間をかけて整復したのに意味がなかったということになり、そもそも手術した意味さえなかったのでは?と思いました。

そもそもあんなにブ厚いプレートで固定しても骨頭が骨を削りながら、回転することなどありえるのでしょうか。

骨頭がズレた形で骨癒合が開始しているのであれば、なかなかつかないのは当たり前です。あるべき箇所からズレてしまっているのに、骨も血管も付いてくるのでしょうか。だからこんなに免荷が必要だったのかもしれません。

この件はショックでした。なんだかんだで治ると信じていましたが、この時始めて、これはもう治らないかもしれないと覚悟をしました。

 

30代の大腿骨頸部骨折記録⑨〜松葉杖通勤〜

 松葉杖での通勤が始まりました。朝5時半に起きて6時半までの電車に乗り、優先席に行けば大体の場合は座る事ができました。ただ、やはり席を譲ってくれない人もいて、大体はオッサンでした。女性は殆ど譲ってくれました。

ある女性が席を譲ってくれたのに、いきなり隣のオッサンがどかっと座ってしまい、女性が怒った事もありました。

まだ寝たふりをするならわかるのですが、目の前に片足浮かせた両手松葉杖の人間がいるのに、堂々と優先席に座ってられるのは、腹が立つというより、メンタルがすごいなぁと感心するほどでした。

松葉杖での免荷移動は既に慣れていたので、女性が歩くぐらいのスピードで歩行できましたし、15分程度の連続使用なら体力的に殆ど問題はありませんでしたが、キツかったのは免荷でした。

例えば電車で座席に座る場合にも、これだけの行程が必要です。

  • 片足を浮かしながら松葉杖を立てかける。転ばないように片手で常につり革をもつ。
  • 片手でリュックを外して、地面に置く。ケンケンで方向転換をしながら、松葉杖とリュックを拾って椅子に座る。この工程だけ両手がふさがっており、ふらっと来て足を着いたら終わりなので、スムーズかつ慎重に行う
  • どかっと座ると股関節に負担がかかるので、片足スクワットの要領でゆっくり触る。

椅子から立って、リュックを回収して降りるのも大変でした。いつも2駅ぐらい前から混み具合を見て、どこに松葉杖を立てかけて、どうリュックを回収して降りるかシミュレーションしていました。

足さえ地面につけられたら何も難しい事はありません。日常生活における免荷の負担は甚大でした。

雨が降った時の移動も大変でした。両手が塞がっているので、傘がさせない上に、マンホールなどの金属を踏んだら、一気にツルッといきます。6ヶ月の松葉杖生活で、3、4回ほどつまづいて足をついてしまったのですが、全て雨の日でした。雨の日の移動には本当に神経を使いました。

f:id:popaikenzo:20180930183636j:image

(この小汚いグローブは自転車用のグローブを松葉杖使用に流用しました。ないと一瞬で皮が剥けます。こんなものでも半年お世話になったので、未だに捨てられません)

左足を全く使わないので、どんどん脚も細くなっていきました。ただし筋トレの類は股関節に負担がかかる事を懸念して、O医師が歓迎しなかったので、殆どやりませんでした。

左足を使わず、ふくらはぎがポンプの役割を果たせないので、つま先がブヨブヨに膨らむようになってしまいました。血流がうまく通ってないという事になるので、骨頭壊死の確率を上げるのではないかと懸念し、5万ほどしましたが、つま先のマッサージ機を購入し、毎晩マッサージをするようにしました。

6月中旬の診察でもあまり進展はなく、引き続き免荷継続となりました。とにかく早く荷重を開始したくて仕方ありませんでした。他の頸部骨折した人のブログを見ていると、殆どの人は1ヶ月以内に荷重開始しています。僕は既に2ヶ月経過していたのに、未だに荷重を開始する事ができませんでした。

30代の大腿骨頸部骨折記録⑧〜免荷生活〜

退院してからは比較的精神も安定するようになっていきました。

入院中は不安定な精神状態のまま、ツイッターに弱音や愚痴を鍵垢で書き込んでいたのですが、それを疎ましく思った人とトラブルになり、かえってツイッターを続ける事が精神状態にとって良くない事になってしまいました。そこで、アカウントは消すことにしました。

O医師からは2ヶ月間は免荷(体重を左足に一切かけないこと)と言われていました。要は座ってる時を除いて、左足の裏を絶対に地面につけないようにする必要がありました。実際は免荷は2ヶ月どころか4ヶ月も続く事になりました。

若手の医師からは1週間ぐらいで荷重開始できると言われていたので、そう言われた時は後ろにいた若手の医師も驚いた顔をしており、後で謝罪に来られました。

私が調べた限りでは、CHSでガッツリ固定している場合に、免荷をするとしても、長くて1ヶ月です。2ヶ月は長いなぁと思いました。O医師は石橋を叩いてもなお渡らないタイプ(川上哲治)で、慎重極まりない性格でした。

僕の家は戸建だったので、松葉杖の移動が大変でした。大変だけならいいのですが、転んでしまって左足を地面についてしまったら終わりです。実際、手術前には階段で派手に転んでしまい、あれで転位したのではないかと思っています。階段移動はいつも極度の緊張の中で行っていました。

お風呂には松葉杖は持って入れないので、ケンケンで移動し、湯船に入るために、お風呂の端を掴んで、腕力で身体を持ち上げて、両腕と右足を支えにして、左足に体重がかからないよう慎重に体重移動する、、確かにこれは老人には無理なので、老人にはインプラント一択なのでしょうね。

一事が万事こんな感じでしたので、外には出ず、家でも極力移動は控えました。

5月23日、退院から3週間経って病院へ行きました。レントゲンで骨頭壊死の兆候を指摘されてしまえば、その時点で終わりです。当日の朝はピリピリしてしまい、妻に八つ当たりしてしまいました。

f:id:popaikenzo:20180930093257j:image

このレントゲンは手術直後のものですが、左側がささくれのように乖離しているのがわかるでしょうか。これが埋まればくっついた事になります。この時点のレントゲン(写真撮り忘れ)を見ると、骨折箇所がうっすらボヤけたようにも見え、仮骨の形成が始まったようにも見えました。

O医師に聞いたところ、その可能性もあるが、レントゲンの写り方で何とでも変わるので、何とも言えないという慎重なお答えでした。

この時まで出勤できず家で仕事をしていたので、もう出勤をしていいか確認したところ、O医師は渋い顔でした。骨の事だけ考えるなら、外出する事で、転んだりつまづいたりで、左足に体重がかかってしまうリスクがあるので、できるなら出勤しない方がいいとの事でした。

確かに理屈はわかりますが、その理屈だとあと数ヶ月は出勤できなくなります。

これ以上職場に迷惑をかけられないので、職場復帰を強行する事にしました。

30代の大腿骨頸部骨折記録⑦〜壊死の恐怖〜

手術が終わって、尿道カテーテルも抜けましたが、気分が晴れる事はありませんでした。これだけの手術をしたのに、治る保証はないからです。S医師が来られて、意味ありげな顔をしながら私の肩に手を置きました。

「骨頭が壊死するかどうかは折れた時点で決まっていて、手術の成否は関係ないと言われている。これだけみんなで議論して骨接合で行くって決めたんだから、後は運を信じるしかないね」と言われました。

ふと、あまり手術はうまくいかなかったのだろうかと感じました。O医師は手術が終わった直後は成功したと仰っていましたが、S医師の言葉からは、何となく自分たちのリスクヘッジのようなものを感じたからです。僕は納得して骨接合を選択しているので、結果がどうなっても、文句を言う事はないつもりなのですが、皆がそうではないのかもしれません。

入院中について

入院中のご飯は美味しかったのですが、血栓予防とやらで朝昼二回お腹に打たれる注射が結構痛くて閉口しました。仕事は超繁忙期で入院中も仕事をしていたのですが、やはり今後の経過がどうなるか気になって集中できません。

ネットで読める国内の大腿骨頸部骨折の論文を読み漁りました。読めば読むほど、自分の怪我が、ありえないレアケースである事がわかりました。なんとか自分に有利な材料がないか論文を探し回りましたが、有利な材料が出たと思ったら、不利な材料がまた見つかり、結局よくわからない状態が続きました。

医者の言う治る確率50%も大げさなんじゃないかというところに希望を見出しましたが、過去のエビデンスを見る限り、50%の見積もりは妥当と言わざるを得ませんでした。私のズレはGarden分類上は3〜4となっており、医者の説明通り、普通は人工股関節にする怪我でした。

治るかどうかの不安で精神的に不安定になっていきました。骨折体験ブログなども探し回りましたし、mixiで同じような怪我をした人にコンタクトを取ったりもしてみました。その後治ったと言う人もいれば、人工股関節になった人もいて、まさに半々でした。

筑波大学で研究が進んでいるという濃縮自家骨髄血移植術について調べたりもしました。骨頭壊死を防げるかもしれないと思ったからです。おそらく骨がつかない事はないと思っていました。問題は骨頭壊死でした。

こんな事をしたって仕方がない、医者を信じて運を天に任せるしかないんだと思っても、インターネットでの情報漁りを止めることができず、その度に不安は増すばかりでした。

病院の独特の雰囲気も良くなかったのだと思います。夜になると、ふと「こんなことになるなら死ねば良かった」という言葉が、不意に何度も浮かんでくる事がありました。たかだか足の怪我でもちろんそんなわけはありません。バカバカしいと理性ではわかっていても、何の前触れもなく突然、その言葉が湧き上がってくるのです。色々あって、もう限界だったのかもしれません。

O医師は退院しても良いというし、このままここにいると精神衛生上良くない気がしたので、さっさと退院することにしました。結局1週間だけの入院でした。

O医師は退院間際に、「そういえば手術の次の日に撮ったレントゲンですが、特に問題なかったですよ」と言っていました。それで少し安心したような気分になりました。

本当は問題があった事がわかるのは、かなり後になってからの事でした。

 f:id:popaikenzo:20180930010706j:image