30代の大腿骨頸部骨折記録⑤〜決断〜

呆然としながらも4月21日にJ病院に入院しました。僕は会計監査の仕事をしており、当時は超繁忙期で、現場責任者も2社担当していました。

ですので病院でも仕事をしながら、手術を待っているような状態でした。人工股関節置換術(THA)にすると決めたものの、手術が怖くて仕方ありませんでした。麻酔から覚めたら自分の骨が切り取られ人工物に置き換わる事が無条件に怖かったのです。その事を考えると怖くて眠れませんでしたが、自分はTHAを受けて楽になるんだと言い聞かせました。

f:id:popaikenzo:20180929173020j:image

(この写真は拾い物なんですが、よく見たら右股関節も壊死が始まっているのでおそらく特発性大腿骨骨頭壊死症であり、いつかは右にもTHAを行う事になるでしょうね、、)

病院で、仕事をしていると、僕を執刀する予定のO医師が現れました。O医師はラグビーをやっていたかのようなガタイのいい身体でまさに熱血漢という印象でした。挨拶もそこそこに、O医師は、「Mさん、手術方法を決めてください。THAをやるなら、部品の殺菌処理を始めないといけないんです。看護師からはTHAで決めたと伺いましたが…」

M「はい、THAでお願いしたいと思ってるんです。O医師ならばどうなさいますか?」

O医師は待ってましたとばかりに強く言い切りました。

「貴方が私なら絶対にTHAは選択しません。絶対に骨接合術を選択します」

は?僕は混乱しました。同じ病院なのに、K医師とまるで見解が違う!しかもありえないぐらいに強く言い切っています。

THAと決めていたので、相当に混乱しました。

O医師は続けました

「例えば、骨接合術を行う事で、行わなかった時と比べて、再度THAを行う場合に不利になるなら、迷うのはすごくわかります。でも、骨接合がダメだった時に、THAをやったとしても全く同じ条件で出来るんです。骨接合の成功可能性は50%はあると思います。だったら、挑戦しない手はないんじゃないですか?

貴方はまだ若い。THAの入れ替え手術はものすごく大変でこの前5時間以上かかったんです。確かに最近のインプラントは性能が向上していますが、貴方はまだ若く活動性が高いので、従来通り、20年ぐらいで入れ替えないといけない可能性はありますよ」

勘弁してくれ…なんで同じ病院でこんなに医師の見解が違うんだ。。

M「でも、S医師は人工股関節がベストと仰っていましたよ?なんで見解がそんなに違うんですか?」

O医師「S医師は、うちの病院の股関節のリーダーです。彼は責任者として、失敗する可能性のある手術を患者にリコメンドしたりはしない。THAは予後もとても良いので、安定した結果を出せる。ただ貴方は余りにも若すぎる。僕は、はっきり言えば貴方にTHAをしたくない。そりゃTHAにすれば僕も楽ですよ?骨接合にすれば何年間も貴方に寄り添って、チャレンジをする事になる。でも貴方の長い人生を考えた時に、短期的には苦しくても、うまくいかないかもしれないけど、骨接合にチャレンジする価値はあると確信しています。」

心に刺さるプレゼンでした。この人は自分の利益ではなく、本当に自分の事を考えて、話をしてくれていると思いました。

S医師は彼の上司であり、上司判断であるTHAを覆して、骨接合を患者を説得することは彼のキャリアにとってもリスクになるはずです。もし失敗したら、ほら見た事かとなるわけですから。彼には勝算があったのかもしれません。

M「半年間、もしくは1年間の松葉杖にはまだ耐えられるかもしれません。でも2年間、骨頭壊死の恐怖に怯えながら生活することはできないかもしれない。THAにすれば、すべて終わりにできるんです。」

O医師は呆れた顔をして言いました

「そりゃ、不安になるのが嫌だと言われたら、こっちもどうしようもないですよ!でも、THAだって、一生取り換えのリスクと脱臼のリスクに怯えなきゃいけない。それはいいんですか?もし50%の確率に勝てば、元どおりに出来るんですよ。インプラントを入れた後に、自骨に戻す事はもうできませんからね。」

M「わかりました。。でもTHAで決めてたのでもう少しだけ考えさせたください、、」

O医師「わかりました。でも今日の夕方までに決めてください。また来ますね」

僕の腹は決まっていました。O医師に賭けてみたいと思いました。

妻と母親に電話をし、骨接合で行くことの了解を得ました。母は、「私が会計士試験に反対した時も、貴方は反対を押し切って結局会計士になった。今回も私の反対を押し切ってうまくいくんだと思ってる」

結局、僕は骨接合術に挑戦することになりました。